サラ金の審査に通らない原因は?

サラ金の審査になかなか通らない場合は、自分が今、どのような状況に置かれているのかを再確認する必要があります。まず、他のサラ金金利から借り入れをしている場合、特に、それによる返済の遅延や債務整理などが生じている場合は、サラ金の審査に通ることは、事実上不可能となります。それは、このような情報が業界内で共有され、信頼できない顧客と見なされるためです。

この場合、他のサラ金から借り入れをしているのであれば、まずは、それを返済してしまえば問題はないのですが、返済の遅延や債務整理などをしていた場合は、ブラックリストに名前が掲載されることになり、その間の5年から10年程度は、サラ金はおろか、クレジットカードやローンの利用も不可能となります。そのため、これらを利用している場合、返済の遅延や債務整理などは絶対に避けるべきであると言えるでしょう。

また、総量規制を超えた借り入れ申請も、まず審査に通ることはありません。これは、年収の3分の1が目安となります。そのため、借入金額は、年収から逆算し、3分の1以内に収まるようにする必要があります。その他には、年収は高いほど良いのですが、収入は、安定している方が信頼性も高まります。そのため、職業に就いても、安定して収入を得られる職業の方が、審査に通る可能性も高まります。

さらに、持ち家や土地などの資産があり、身元確認のため、電話は固定電話をつないでいると、サラ金の審査にも通りやすくなります。ただし、これらは、あくまでも副次的なものであり、その重要性については、前述の借り入れのトラブルや総量規制ほどではありません。とにかく、サラ金の審査については、トラブルを起こしておらず、年収に合った借入申請をすることが最も重要であると言えるでしょう。