カードローン審査とおまとめローン審査の違いとは?

おまとめローンを利用する際にも審査が必要になりますが、カードローン審査とは異なる点もあります。カードローン審査では年収や就業形態、勤続年数、持家かどうか、他社からの借り入れ額などの属性が見られます。また、個人信用情報機関の情報を参照するので、返済の遅延や債務整理をした記録があると、銀行や大手の消費者金融では審査に落とされます。消費者金融などの貸金業の場合、総量規制の制限まで借り入れがあるときも審査に通りません。
おまとめローン審査はカードローン審査よりも厳しくなります。まず、おまとめローンは総量規制の例外とされているため、消費者金融でも利用できますが、総額が高いと通りにくくなります。ただし、借り入れに関しては総額よりも借り入れ数の方が問題になります。カードローンで高額の借り入れをするには利用を続け、カード会社に信用を得なければならないため、1社当たりの借り入れ額が高い場合には信用を得た実績があることになります。しかし、契約時の限度額のままで追加の契約によって利用額を増やしている場合、信用を得た実績がないため、こちらの方が審査では不利になります。5社以上から借り入れていると、それだけで落ちることもあります。
なお、おまとめローンにも種類があり、カードローンのような無担保のローンでは厳しくなりますが、例えば不動産などを担保にする場合には審査に不動産の評価が加わり、担保の方が利用者の信用よりも重視されるため、カードローンよりも通りやすくなる場合もあります。
おまとめローン審査が通りやすいところはどこ?おすすめはココだ!はこちら